概要・趣旨Overview / Objectives

  • 開催日:
    平成29年10月20日(金)~21日(土)
    Dates:
    Oct. 20-21 (Fri.-Sat.), 2017
  • 開催場所:
    名古屋マリオットアソシアホテル 16階タワーズボールルーム 他
    ※一部学生による事前議論を、10月19日(木)午後に名古屋大学東山キャンパスにて実施予定
    Venue:
    Nagoya Marriott Associa Hotel
    *Pre-forum discussions will be held by some students at the Higashiyama campus of Nagoya University in the afternoon of Thursday, October 19.

テーマTheme

「リーディングプログラムのレガシーと修了生への期待」"Legacies from the Leading Program and Expectations for Graduates"

リーディングフォーラム2017は、初年度採択プログラムが最終年度を迎えるタイミングであることを踏まえ、各プログラムの取組内容や、履修生自身が得た成果や身につけたスキルを発信するのみでなく、リーディングプログラムの「レガシー(受け継いでいくべき財産)」とは何か、また今後の大学院教育はどうあるべきかを議論し、産業界が博士人材の価値を見出すきっかけを提供することを目的として開催する。

The Leading Forum 2017 will be held in the last part of the fiscal year for all the programs that commenced with the inception of the Leading Program. During this forum, we would like to highlight the legacies from the respective programs and how they can endow future graduate students with prospective opportunities. In addition to showcasing the programs, the forum will display the outcome and skills that the students gained through their activities so that the industrial and commercial representatives will comprehend the value in hiring PhD professionals.

実施内容Contents

  1. 基調講演(1日目10:30~12:00)Keynote Speech (1st day, 10:30–12:00)

    • 科学技術振興機構理事長 濵口道成氏
      Michinari Hamaguchi, President, Japan Science and Technology Agency
    • BTジャパン株式会社代表取締役社長 吉田晴乃氏
      Haruno Yoshida, President, BT Japan
  2. ショートプレゼンテーション(1日目13:20~14:40)Short presentations (1st day, 13:20–14:40)

    今年度が最終年度となる平成23年度採択20プログラムにおける学びや成果について、履修生自らが参加者へ発表する。

    Students from the leading programs selected in 2011 will present what they learned from their program activities.

  3. パネルディスカッション(1日目15:00~16:30)Panel Discussion (1st day, 15:00–16:30)

    テーマのひとつである「リーディング大学院のレガシー」について、産学官を交えて討論する。

    Panelists from industry, government and academia will discuss one of the themes for this forum: Legacies from the Leading Program

    ※ 学生による提言と提言先(産業界・学術界関係者)との意見交換を実施予定(19日(木)の事前議論を踏まえたもの)。
    ※ They will also exchange ideas about propositions by students based on the pre-forum discussion held on the 19th.
  4. 学生ポスター発表(1日目16:30~18:00)Poster Presentations by students (1st day, 16:30–18:00)

    リーディングプログラムで身につけたスキルがキャリア形成にどう生かされるかについて、履修生より参加者へ発信する。

    Students will present how to make use of skills they acquired through leading program activities and might apply towards career development.

    ※ およそ300件掲示予定。産業界からの参加者や教員、学生どうしの投票によりポスター審査を行い、ポスター賞を授与する。
    ※ Approximately 300 posters will be presented. Poster awards will be given based on votes from participants from industry, staff and students.
  5. 各種分科会、学生企画(2日目10:15~13:00)Parallel workshops (include student workshops)

    学生のキャリア支援、プログラムの定着、多様性推進といった各種テーマに分かれ、産学官関係者に加え適宜学生を交えながら、事例の共有やディスカッションを行う。

    Participants from industry, government and academia share experiences and discuss career development for PhD graduates. The discussion will also look at integrating the leading program curriculum into graduate school education and the promotion of diversity.

    ※分科会内容(予定) Workshop agenda (in planning)
    • 学生企画:キャリア決定に関するパネルディスカッション
      Student workshop: panel discussion of career development
    • 学生のキャリア支援:事前議論、1日目提言発表時の議論をさらに深化
      Career development: further discussions on the student propositions discussed on the first day.
    • プログラム定着:リーディングプログラムを通じた教育ノウハウの共有
      Curriculum integration: share knowledge about the distinctive activities in the leading programs
    • 多様性推進:ダイバーシティマネジメント等に関する議論
      Discussion on diversity management
  6. 学生による事前議論(前日13:00~19:30)Pre-forum discussion by students (the day before the forum, 13:00–20:30)

    ※事前議論は関係者以外も見学可能
    Those who do not belong to the leading program can observe pre-forum discussions.
    事前議論APre-forum discussion A

    グループに分かれ、学生のキャリア支援やプログラムの定着について議論を行い、産業界、学術界それぞれに向けた提言をまとめる。提言は共有し、フォーラム1日目のパネルディスカッションの場で発表する提言を選定する。

    Students will be divided into groups to discuss about career development of PhD students and curriculum integration as well as make propositions aimed towards industry and academia. Some propositions will be selected to be presented at the panel discussion on the first day.

    • 参加者:学生 (各プログラムから1、2名)、産業界・学術界からのメンター、教員(ファシリテーター)
      Participants: Students (1 or 2 students from each program), mentors from industry and academia, staff (facilitator)
    • 実施場所:名古屋大学東山キャンパス 理学南館1階セミナー室、会議室
      環境総合館1階セミナーホール、会議室
      Venue: Seminar room and conference room in the Science South Building 1F, Seminar hall and conference room of the Environmental Studies Hall 1F, the Higashiyama campus, Nagoya University
    • 使用言語:原則英語とするが、一部日本語を許容
      Language: English, Japanese may be permitted
    事前議論BPre-forum discussion B
    1. 「ダイバーシティ・マネージメント」に関する討論会(13:00–15:00)Discussions on diversity management (13:00–15:00)

      各リーディング大学院プログラムでの「ダイバーシティ・マネージメント」に関する取組について、プログラム学生が発表し、討論を行う。優れた取組を選定し、フォーラム2日目の分科会において発表し、参加者と討論を実施する。

      Up to two students from each program will present their activities on “diversity management. On the second day of the forum, the excellent activities will be selected and presented.

      • 参加者:学生 (各プログラムから1、2名)
        Participants: Students (1 or 2 students from each program)
      • 実施場所:名古屋大学東山キャンパス、減災館1階 減災ホール
        Venue: Disaster Mitigation Hall in the Disaster Mitigation Research Building 1F, the Higashiyama campus, Nagoya University
      • 使用言語:原則英語、ただし一部日本語を許容
        Language: English, Japanese may be permitted
    2. HeForSheイベント:キャンパスライフから性暴力を撲滅するための「アイデアソン」(15:30–17:00)"Ideathon" to eliminate gender-based violence from campus life (15:30–17:00)

      プログラム学生により、「安全なキャンパスの構築」のため、キャンパスライフから性暴力を撲滅するための議論をし、解決策を提案する。アイデアソンの直前に、性暴力に対する知識を深めるためのワークショップも企画している。参加学生は、ダイバーシティ・マネジメントセッションへの参加学生と重複可。

      Students will discuss and propose ways of eliminating gender-based violence from campus life in order to make college grounds a safer place for all. A workshop is being planned to provide basic knowledge about gender-based violence before the "Ideathon". Students may participate in both the "Ideathon" and diversity management session.

      * 「アイデアソン」とは、アイデアとマラソンを組み合わせた造語で、新しいアイデアを生み出すために行われるイベントです。
      * "Ideathon" is a physical brainstorming session and is meant to bring students together to answer vexing questions.
      • 使用言語:原則日本語、ただし一部英語を許容
        Language: Japanese, English may be permitted